Footrip フットリップ ~世界中のFootballを見に行こう~

Footrip(フットリップ)では、世界中で自分自身が感じたことを中心にできるだけ素直に描いていきたい。 ※2015年より2シーズン、東南アジアの某フットボールクラブの広報でした。 2017年より現地の日系メディアに所属し、東南アジアの情報を発信予定。専門はASEANはじめ、アジアフットボール関連なのでアジアで活躍する日本人サッカー選手達を中心に紹介予定。 アジアフットボールや旅行の相談、取材、執筆依頼等はお気軽にMessageくださいませ。

Footrip(フットリップ)では、世界中で自分自身が感じたことを中心にできるだけ素直に描いていきたい。
※2015年より2シーズン、東南アジアの某フットボールクラブの広報でした。
2017年より現地の日系メディアに所属し、東南アジアの情報を発信予定。専門はASEANはじめ、アジアフットボール関連なのでアジアで活躍する日本人サッカー選手達を中心に紹介予定。

アジアフットボールや旅行の相談、取材、執筆依頼等はお気軽にMessageくださいませ。

昨日、カンボジア・プノンペンでAFC U-23選手権予選が開幕した。

今予選で日本代表は、中国、フィリピン、そして今回の開催国・カンボジアと同組。
グループ1位が来年行われる本大会への自動出場権獲得、2位も10組中上位5位までが出場権獲得。中国は来年の開催国のため既に出場権獲得しており、日本の予選突破はほぼ間違いないだろう。また、今予選のカテゴリーは一応U-23だが日本代表は2020年の東京オリンピックを見据えて、5月のU-20W杯に出場した世代で臨んでいるようだ。


昨日2試合観た結果、伝えたいことはたくさん出てきたが、とりあえず3つに分けてまとめてみた。

①第1試合 日本vsフィリピン
②第2試合 カンボジアvs中国
③明日のカンボジアvs日本戦の展望





①まず、第1試合の日本vsフィリピン戦を振り返ってみる。

天候
この試合はあいにくの雨。プノンペンは先週までほとんど雨が降らなく、降ったとしても1,2時間程度でやんでいた。この日はプノンペンに雨男が来たのかのごとく、珍しく昼過ぎから夜中までずっと振り続けていた。
IMG_9659


フィリピン戦のメンバー
カンボジアに来て2年、フル代表以外ほとんど見る機会がないので正直わからなかったが、日本から来たこの世代に詳しい友人の話を聞きながらの観戦となった。
20216687_10210265399130073_444145959_o

IMG_9680



観客
あとで公式記録で確認したがこの試合の観客数は321人。(うち、日本人サポーターは10人程度)この国で平日午後3時半キックオフの試合はまず人がいない。たしかに交通事情等めちゃくちゃな部分が多い国だが、ルールがあれば基本しっかり守ろうという気持ちは一応ある国民性なので「学校や仕事を休んでまで観にいく」という概念がない。たとえ、世界のスーパースターが来たとしてもそんなに入らないだろう。
IMG_9672

IMG_9682



結果
結果は予想通り、8-0で日本が圧勝。写真はフィリピン代表選手達。試合前に両チームのベンチ同士が挨拶をしていたのが印象的だった。
IMG_9668

IMG_9673



続きを読む

先週、新しい仕事を始めてから初の出張で1週間ほど、東京に滞在。

半年振りの日本は刺激的で、本当に会いたい人がいっぱいで時間が足りなかった。

5月3,4日に代々木公園で行われたカンボジアフェスティバル2017では、予想を上回る盛り上がりで日本においてカンボジアを感じることができてなんだか嬉しかった。
また、イベント当日はカンボジア関連の繋がりのおかげで多くの出会いがあるとともにこれまで世界中で知り合った懐かしい顔にも再会することができた。
ひとごみ

観客2



今回の日本遠征には、日本初訪問となるカンボジア人スタッフが一緒。成田空港駅でPASMOを通すことから始まった久しぶりの外国人のアテンドは、驚きの連続。普通に日本で生活していると便利さやありがたみを忘れがちになるが、スタッフの存在のおかげで自分達のほうこそ気づきや学ぶことが多かった。
image




続きを読む

ロシアワールドカップまであと約1年。

我らが日本代表は6大会連続のワールドカップ出場まであと少しのところまできました。
 
僕のまわりのこれまでのワールドカップ歴戦組はサポーターはそろそろロシアに向けて、航空券や観戦チケットなどスケジューリングを気にし始める頃。



思えば、僕にとってのワールドカップは2010年南アフリカ大会が初めてだった。(コンフェデは2005年ドイツ大会)

右も左もわからずに行ったが、目の前でカメルーン戦で勝利を観ることができたのは一生の宝物。
image


べスト8をかけた決勝トーナメント1回戦vsパラグアイ戦の、あのなんとも言えないような行き詰まる雰囲気。駒野の肩を抱いた松井の姿に感動
image




全ては現地へ行ってみないとわからないことだらけ

続きを読む

このページのトップヘ