2015年3月17日

カンボジアサッカー界にとって、今日という日は歴史的な日となった。
image












先週、首都プノンペンで行われた第1戦では3-0と完勝したカンボジア代表。

image
※第1戦の様子はこちら【現地映像あり】





カンボジアサッカー史上初の1次予選突破をかけてマカオに乗り込んだカンボジア代表。



決戦の地はマカオにある「Estadio de Macau」
2015-03-17-23-25-47





試合開始は現地時間午後8時。

はたして、どんな過酷なアウェイ戦になるのだろうか。



しかし、キックオフ1時間前になっても姿を確認することができたのはわずか3人。(最終的には約2~300人前後が集まった様子)
image


そうこうしているうちにカンボジア代表選手たちが出てきた。ホームでの第1戦の雰囲気とあまりにも違いすぎて驚かないか不安。
image

先日、観に行った国内リーグ開幕戦の時もそうだったが、すぐ後ろにカジノが見えるのがいかにもマカオぽい。
image


プノンペンFC所属のスメイ選手を発見。
image

第1戦に続き、この日もベンチスタート。でもその髪型からカンボジア代表の中では、一番目立っていた。
image




午後9時、FIFAアンセムが流れ、選手入場。レベル問わず、このアンセムを聞くと、自然に気持ちが高ぶります。



この日は赤のアウェイユニフォームのカンボジア代表
image





前半28分にものすごいFKで先制し、1-0で折り返し。

だが、後半の立ち上がりにPKを献上し、1-1の同点に追いつかれてしまう。




勝ち越しゴールを決めることはできなかったが、最後まで攻め続け、結局そのまま1-1で終了。

2戦トータル4-1でカンボジア代表が勝利し、2次予選に進出決定。



試合のハイライトはこちら




こちらは勝利の瞬間の現地映像。




殊勲のカンボジア代表選手たちは、特に大げさに喜ぶこともなく、そそくさと控室に引き上げていった模様。
image


最後に記念写真だけは撮っていた模様。
image




史上初めてのワールドカップ2次予選進出したカンボジア代表。

2015年3月17日は、カンボジアサッカーにとって歴史的な日となった。



2023年の自国開催のSEA GAMES(東南アジア版オリンピック)での優勝を掲げるカンボジア代表にとってこの勝利は本当に大きい。

今後、これまで対戦することすらできなかったアジアの中堅~強豪国とのマッチメイクができる可能性が出てきた。




そして、2次予選では、我らが日本代表はじめ、アジアの強豪国との対戦が待ち受ける。

全ての試合が決勝戦のような気持ちで臨んでほしい。



本当におめでとうございます!










※写真&映像:猪熊脩登