こんにちは!


今日は『オフシーズンの楽しみ方』第二弾として先日見に行ったbjリーグのことを書いてみました。

僕の人生の中でバスケットというとやはり最初に浮かんでくるのは『スラムダンク』
画像1



そして、アメリカ留学時代に見たNBAは、これまで見たスポーツの中で1番印象に残っており、あれほどエンターテイメント性のあるスポーツはないと当時感じた。
画像1



また、昨年の世界一周中にエストニアで"U-20ユーロバスケ"も見にいった。
画像1

画像1

画像1



こう見てみると、これまでバスケに縁がないと思っていたが、意外とあったことにびっくり(^^;;

でも日本国内のバスケは見たことがない。じゃあそれなら行ってみようということで2試合行ってみた。

そのうちの1試合は神奈川県。

この日は少し早起きし、午前中に鎌倉の大仏を拝み(実はこれが人生初でした)
画像1


ランチは鎌倉おなじみの名物しらすと新名物?の海草"アカモク"のパスタ。
画像1

味は…しらすとアカモクが意外にマッチしててとっても健康的で美味しかったです!!

(´-`).。oO(こんなんじゃ、グルメレポーターにはなれないな。)



その後、かわいい電車を乗り継いで平塚へ。
画像1


駅からバスで試合会場である体育館へ



ちなみに湘南ベルマーレのBMWスタジアム平塚も同じ敷地内にあるのでついでに覗いてみた。
画像1




ここでbjリーグについて簡単にまとめてみた。

画像1


bjリーグは日本プロバスケットリーグの愛称で2005年にできたバスケットのリーグで年々チーム数が増えてきて現在21チーム。

アメリカのNBAと同じく秋に開幕し、年をまたいで翌年5月に閉幕する。


チームは以下の通りに東西のカンファレンスに分かれいる。

東カンファレンス
岩手・秋田・仙台・新潟・富山・長野・群馬・埼玉・千葉・東京・横浜

西カンファレンス
浜松・滋賀・京都・大阪・島根・高松・福岡・大分・宮崎・沖縄


レギュラーシーズン終了後、各地区の上位6チームがプレイオフに進出。






この日はbjリーグの横浜ビーコルセアーズの平塚開催試合。

こちらはビーコルセアーズのグッズ売り場
画像1


平塚ということもあり、湘南ベルマーレのフラッグがあったり、グッズのブースが出ていたりとバスケを見に来たのにサッカー色全開でした(^^;;
画像1



続いてスタジアムグルメ
画像1


ご当地?プリン
画像1


その場で作ってくれる手巻き寿司
画像1


そして、まさかの八戸せんべい汁。笑
画像1


多彩なレパートリーを兼ね揃えたビーコルのアリグル(アリーナグルメ)でした(^ー^)ノ



そして、いよいよアリーナ内へ
画像1

画像1



サッカーと同じようにバスケットにもアリーナの雰囲気作りに一役買っているチームや選手の名前の入った段幕。

その中には対戦相手•大阪エベッサのブースターを歓迎するものもありました。
画像1

※サッカーはサポーター、バスケはブースターと呼ぶ。

湘南ベルマーレのも発見。笑
画像1



ちなみにビーコルセアーズは昨年の王者。
画像1




14:00 ティップオフ
画像1

※サッカーはキックオフ、バスケはティップオフ。

ルールについては、スラムダンク時代の知識しかない我々にとって近代バスケは道の世界。最初はかなり違和感ありあり。

そこでおなじみ、頼りのWikipedia大先輩に聞くと以下のように教えてくれた。


•1999年 後半の最後と各延長時限最後の2分間にフィールド・ゴール 成功時はゲーム・クロックを停止。 
•2000年 20分ハーフを10分クオーター制に。
•2001年 30秒ルールから24秒ルールへの変更。
•2010年 制限区域が台形から長方形に、3ポイントラインが拡大。ノーチャージエリアの設定。



ふむふむ、なるほど。


画像1

画像1

画像1


各クウォーター毎にチアリーダーのダンス
画像1


第2と3の間のハーフタイム?には子供のチアリーダー達が踊っており、盛り上がりを見せてました。
画像1


こちらはスポンサー企業様の紹介
画像1


ビーコルやベルマーレのマスコットも登場
画像1




なお、試合は一時15点差以上離されていたビーコルだったが、終盤どとうの連続ポイントで残り5分で5点差追い上げをみせてたが、結局、大阪が逃げ切りました。
画像1


試合、はるばる応援にかけつけたブースターと勝利を分かち合う大阪の選手達
画像1

画像1





今回、バスケを観戦して見ていくつかサッカーとの違いを感じました。


•箱が小さいため、どこから見てもある程度は見える。(=1番安い2階自由席で十分:2000円)

•クウォーター制なので休憩が多く、トイレに行ける。(=食事、お酒が飲める)

•ほとんど寒さを感じることがない。


アリーナ内もそこそこ埋まっていており、チアリーダーや特徴的なブースターもいるので目が飽きることはないはず。
画像1



また、ホームゲームをサッカーと違って毎回決められた会場ではなく、県内のいろんな都市で開催するので、ホームゲームでもあまりお金のかからない近場で小旅行的なノリで行けるのはありかなと思いました。

その中でもやはり寒さを感じないで観戦できるのは大きなメリット。
バスケは冬場にはもってこいのスポーツ。

これからも注目してみたいと思います(^ー^)ノ


bjリーグ公式サイト