Footrip フットリップ ~世界中のFootballを見に行こう~

Footrip(フットリップ)では、世界中で自分自身が感じたことを中心にできるだけ素直に描いていきたい。 ※2015年より2シーズン、東南アジアの某フットボールクラブの広報でした。 2017年より現地の日系メディアに所属し、東南アジアの情報を発信予定。専門はASEANはじめ、アジアフットボール関連なのでアジアで活躍する日本人サッカー選手達を中心に紹介予定。 アジアフットボールや旅行の相談、取材、執筆依頼等はお気軽にMessageくださいませ。

カテゴリ: 海外でプレーする日本人選手

カンボジアでは様々なスポーツを通じて日本人が現地の子供達対象に普及・支援活動を行なっている。

先日、現地で昨年までプレーしていた日本人サッカー選手・渡辺卓矢さんが孤児院を訪問した。サッカー教室に加え、日本の社会人リーグでプレーしている人たちが集めたユニフォームなどのサッカーグッズを孤児院に寄付するという。
孤児院訪問_170211_0001

続きを読む



昨年、ラオスの片田舎で1人のサッカー選手と知り合った。



決して古くはないのだが、メンテナンスが行き届いていない為、貧相に見えるスタジアム。

スタンドにいるのは暇つぶしのために来ている数十人の現地人のみ。


ピッチの所々に生えて、膝のあたりまで達した雑草がドリブルの邪魔をする。

バウンドすると、気ままに飛んでいってしまうボール。

前線で起点となって見方にパスを出し続けるが、再び戻ってくることはほとんどない。

もがくように遠目から何度もミドルを打つ。

しかし、ゴールネットが揺れることはなかった。



試合後、「せっかく来てくれたのでゴールをプレゼントしたかったけど、決められなかった。ごめん。」と申し訳なさそうに言われた。

僕の中で彼は、メッシや本田圭佑など世界中のどんな有名選手よりもスーパースターだった。

あの時、僕達に対してそんな言葉を言ってくれたことに拍子抜けし、うまく話せなかったことを覚えている。

でも、僕は彼のことがもっと好きになった。


7f69667c-s






その選手の名は、伊藤壇選手(39歳)。


アジアの国々にこだわり続け、現在まで18ものアジアの国でプレーしてきた伝説の選手だ。



先日、18ヶ国目であるブータンでのプレーを終えて日本に帰国。



そして来週14日、宮城県で伊藤壇選手のサッカー教室&トークショーを仙台で開催される。




※当時の様子はこちら→2014年7月~アジアの渡り鳥・伊藤壇選手に会いにラオスの秘境へ行く~

続きを読む

<過去の海外サッカー観戦記事まとめ>

第25弾は、2013年7月に訪れたエストニアでの出来事。
o0480048012604643310
続きを読む

<過去の海外サッカー観戦記事まとめ>

第24弾は、前回記事に続いて、バルト3国の一つ、ラトビアのフットボールを紹介する。2013年7月に観に行った「ラトビア2部League&国内カップ戦&ヨーロッパリーグ編」

o0480048012601951551
続きを読む

<過去の海外サッカー観戦記事まとめ>
第22弾は、世界一周中の2013年7月に立ち寄ったシンガポールで見た『シンガポールカップ編』
2015-02-25-21-10-37
続きを読む

このページのトップヘ