Footrip フットリップ ~世界中のFootballを見に行こう~

Footrip(フットリップ)では、世界中で自分自身が感じたことを中心にできるだけ素直に描いていきたい。 ※2015年より2シーズン、東南アジアの某フットボールクラブの広報でした。 2017年より現地の日系メディアに所属し、東南アジアの情報を発信予定。専門はASEANはじめ、アジアフットボール関連なのでアジアで活躍する日本人サッカー選手達を中心に紹介予定。 アジアフットボールや旅行の相談、取材、執筆依頼等はお気軽にMessageくださいませ。

タグ:サッカー

昨日、カンボジア・プノンペンでAFC U-23選手権予選が開幕した。

今予選で日本代表は、中国、フィリピン、そして今回の開催国・カンボジアと同組。
グループ1位が来年行われる本大会への自動出場権獲得、2位も10組中上位5位までが出場権獲得。中国は来年の開催国のため既に出場権獲得しており、日本の予選突破はほぼ間違いないだろう。また、今予選のカテゴリーは一応U-23だが日本代表は2020年の東京オリンピックを見据えて、5月のU-20W杯に出場した世代で臨んでいるようだ。


昨日2試合観た結果、伝えたいことはたくさん出てきたが、とりあえず3つに分けてまとめてみた。

①第1試合 日本vsフィリピン
②第2試合 カンボジアvs中国
③明日のカンボジアvs日本戦の展望





①まず、第1試合の日本vsフィリピン戦を振り返ってみる。

天候
この試合はあいにくの雨。プノンペンは先週までほとんど雨が降らなく、降ったとしても1,2時間程度でやんでいた。この日はプノンペンに雨男が来たのかのごとく、珍しく昼過ぎから夜中までずっと振り続けていた。
IMG_9659


フィリピン戦のメンバー
カンボジアに来て2年、フル代表以外ほとんど見る機会がないので正直わからなかったが、日本から来たこの世代に詳しい友人の話を聞きながらの観戦となった。
20216687_10210265399130073_444145959_o

IMG_9680



観客
あとで公式記録で確認したがこの試合の観客数は321人。(うち、日本人サポーターは10人程度)この国で平日午後3時半キックオフの試合はまず人がいない。たしかに交通事情等めちゃくちゃな部分が多い国だが、ルールがあれば基本しっかり守ろうという気持ちは一応ある国民性なので「学校や仕事を休んでまで観にいく」という概念がない。たとえ、世界のスーパースターが来たとしてもそんなに入らないだろう。
IMG_9672

IMG_9682



結果
結果は予想通り、8-0で日本が圧勝。写真はフィリピン代表選手達。試合前に両チームのベンチ同士が挨拶をしていたのが印象的だった。
IMG_9668

IMG_9673



続きを読む

ロシアワールドカップまであと約1年。

我らが日本代表は6大会連続のワールドカップ出場まであと少しのところまできました。
 
僕のまわりのこれまでのワールドカップ歴戦組はサポーターはそろそろロシアに向けて、航空券や観戦チケットなどスケジューリングを気にし始める頃。



思えば、僕にとってのワールドカップは2010年南アフリカ大会が初めてだった。(コンフェデは2005年ドイツ大会)

右も左もわからずに行ったが、目の前でカメルーン戦で勝利を観ることができたのは一生の宝物。
image


べスト8をかけた決勝トーナメント1回戦vsパラグアイ戦の、あのなんとも言えないような行き詰まる雰囲気。駒野の肩を抱いた松井の姿に感動
image




全ては現地へ行ってみないとわからないことだらけ

続きを読む




クラシコ
(スペイン語: El Clasico カタルーニャ語: El classic)は、スペイン語で「伝統の一戦」(英語で言うところの"The Classic")を意味し、サッカーのスペインリーグ、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードとFCバルセロナの試合のことを指す。スペインダービー(Derbi espanol)とも呼ばれ、数あるナショナルダービーの中でも最も注目を集めるものの1つである。 ここから派生して、各国サッカーリーグの「ナショナルダービー」、またはそれに準ずる試合について「クラシコ」と表記する試合が多数ある(多摩川クラシコ他)。 Wikipediaより




先週末、本家スペインのクラシコが行われたが、今週末は"カンボジア版クラシコ" プノンペン・クラウンFC対ボンケット・アンコールFC戦。カンボジアリーグを代表して、今季のAFCカッププレーオフに出場した両クラブの一戦は、カンボジア国内でも数日前から各メディアで話題になっていた。
o0480021113924899058
※ボンケット・アンコールFCFacebook pageより

 
 
 
 続きを読む

先日、サッカーと芸術文化の融合でアジアの人々の交流を目指した「サッカー×アート アジア代表プロジェクト」がカンボジアで開催された。

このプロジェクトは2015年、国際交流基金アジアセンターが総合プロデューサー日比野克彦氏(アーティスト)と「アジア代表日本」実行委員会とともにサッカーワールドカップ2018年ロシア大会に向けて、アジアでのサッカーとアートのふれあいの場を増やし、新たなサッカー文化の形成、新たな価値観の創造を目指すことで九州・福岡からはじまり、2015~2017年の3年間で日本代表がワールドカップ予選で対戦したシンガポール、タイなど主に東南アジア諸国でマッチフラッグプロジェクトを展開。

続きを読む

カンボジアでは様々なスポーツを通じて日本人が現地の子供達対象に普及・支援活動を行なっている。

先日、現地で昨年までプレーしていた日本人サッカー選手・渡辺卓矢さんが孤児院を訪問した。サッカー教室に加え、日本の社会人リーグでプレーしている人たちが集めたユニフォームなどのサッカーグッズを孤児院に寄付するという。
孤児院訪問_170211_0001

続きを読む

このページのトップヘ