カンボジアでは様々なスポーツを通じて日本人が現地の子供達対象に普及・支援活動を行なっている。

先日、現地で昨年までプレーしていた日本人サッカー選手・渡辺卓矢さんが孤児院を訪問した。サッカー教室に加え、日本の社会人リーグでプレーしている人たちが集めたユニフォームなどのサッカーグッズを孤児院に寄付するという。
孤児院訪問_170211_0001

続きを読む