Footrip フットリップ ~世界中のFootballを見に行こう~

Footrip(フットリップ)では、世界中で自分自身が感じたことを中心にできるだけ素直に描いていきたい。 ※2015年より2シーズン、東南アジアの某フットボールクラブの広報でした。 2017年より現地の日系メディアに所属し、東南アジアの情報を発信予定。専門はASEANはじめ、アジアフットボール関連なのでアジアで活躍する日本人サッカー選手達を中心に紹介予定。 アジアフットボールや旅行の相談、取材、執筆依頼等はお気軽にMessageくださいませ。

タグ:U-16


先月から本格的に始動を始めたカンボジアンタイガーFCのサッカースクール。
11997077_868391616590965_427136090_n


10月4日、そのスクール生で構成されたチームが、なんとカンボジアフットボールアカデミー(実質U-15カンボジア代表)と練習試合を行なった。 






そんな夢のような対決が実現したきっかけは、一週間ほど前。

タイガースクールの生徒が新設されるU-13カンボジア代表の選考会に参加するということで、いてもたってもいられなくなり、僕とタイガースクール責任者のしょうごくんと2人で会場のナショナリズムトレーニングセンターへ向かった。


トゥクトゥク(往復25ドル)を貸しきって、田園風景を横目にひたすら走り続けた 

橋を渡り


未舗装のあぜ道を走り



1時間半ほどで会場であるナショナルトレーニングセンターに到着。



そこには全国から集まった13歳以下の才能ある子供たちがいた。
背丈は、日本の13歳よりもはるかに小さいが、その分スピードや技術やがある選手が多い様子。 

こちらがタイガースクールから選考会に参加したAhhengくん。しょうごコーチの姿を見つけると大喜びで、いいプレーを見せようと頑張っていました。



そんな選考会でU-15カンボジア代表の壱岐監督と話をしたところ、アカデミーの練習試合の対戦相手に困っているということで、今回タイガースクールとの対戦が実現することとなった。

 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

U-16ASEAN選手権、グループリーグ2試合目。

元ベガルタ仙台アカデミーコーチの壱岐友輔監督率いるU-16カンボジア代表の対戦相手は、U-16オーストラリア代表だった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ